幡多・マーケット「海辺の日曜市」のブログ

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、2020年3月から開催を中止しています。 再開が決まりましたらお知らせします。

2009年11月

今晩は
Kazuです。

本日のRKCラジオで、海辺の日曜市のことが取り上げられ、スタッフのヒトミちゃんが思いっきりしゃべってくれました。

県内の情報誌でも積極的に取り上げられ、なんかたまたま検索をしていたら、あちこちで海辺の日曜市のことがブログで書かれていて、皆さん非常にこんな場所を待ち望んでいたのだなぁーと、改めて感じているところです。

皆さんと一緒に「幡多システム」を作っていきたいと思いますので、皆さん、気のついたことがありましたら、どんどんお知らせください。


では!!

(ぼ)

イメージ 1

みなさん
こんにちは!
「海辺の日曜市」事務局、”えぐぜくてぃぶ・でぃれくたー”、Kazuです。

新聞や雑誌で取り上げられたり、第1回目のことが口コミで伝わるなどして、2回目以降の出店希望者が40を超えました。
そのほかにも問合せが数件ありましたので、まだ増えるのではないでしょうか?

アンケートにも、もっとたくさんお店があったらうれしい、というご意見もありました。

2回目は1回目より、もっとにぎやかになるのではないでしょうか。

年末年始の買出しをかねて、みなさんおいでください。

高知県幡多のあたりでは、「一条さんのころになると寒くなる」と言われています。
「一条さん」は、四万十市の一条神社で毎年11月23日頃に行われるお祭りです。

今日の黒潮町は昼から雨が降り、寒い一日となりました。
さっそくコタツを出しました。
・・・正確には、年中使っているこたつ机に、こたつ布団をセットしました。

さて、来月の幡多・マーケット「海辺の日曜市」は13日(日)の開催です。
お天気や気温が気になりますが、はりきって準備しますよ!

みなさんも、風邪など引かないよう、あったかくしてお過ごしください。   (わ)

イメージ 1

こんにちは!
「海辺の日曜市」事務局、”えぐぜくてぃぶ・でぃれくたー”、Kazuです。

11月8日、第1回目の幡多・マーケット「海辺の日曜市」を開催しました。
十分告知ができていなかったので、どれだけの皆さんに集まっていただけるか非常に不安でしたが、周囲でイベントがあったということもあり、たくさんの方においでいただいたように思います。

「海辺の日曜市」では以下のようなことを考えています。
いわゆる、”ポリシー”っていうやつです。

●幡多・マーケット「海辺の日曜市」は、安心、安全を求める、顔がわかる販売、有機や無農薬栽培農産物の販売が、様々な“発見”と“出会”を生み、コミュニティを活性化させ、地域の賑わいを呼び起こしたいと考えています。
●幡多・マーケット「海辺の日曜市」は、「売り手」と「買い手」が対面で物のやり取りをする「場」を創出することにより、地域に埋もれている食材や昔ながらの調理方法、地域素材を活かした新たな地域産品を創造します。
●そして、幡多・マーケット「海辺の日曜市」で買い物することは、地域経済を支援するもっともよい方法の一つであり、新鮮な果物や農水産物、地域で作られた加工品を買うことは、健全的で環境にやさしい選択をすることだと、私たちは考えます。

いま全国に、このような「まちづくりマーケット」が起きています。
その目的は様々ですが、必ずそこには地域に対する熱き思いを持った人たちが集っています。

そのような人たちと、地域を元気にしていきたいと思っていますので、ぜひ皆さん、次回も「海辺の日曜市」にお越しください。

次回の開催は、12月13日です。(ぼ)

イメージ 1

幡多・マーケット「海辺の日曜市」では、できる限りレジ袋などの石油製品や、
繰り返し使用できない収納袋・食器などは使わないようにしています。

そこで、お客様には、マイバッグ・マイ箸・マイカップをご持参いただくよう
ご協力をお願いしています。

でももし、
「たまたま立ち寄ったので、マイバッグを持っていない」とか、
「たくさん買い物したので、マイバッグに入りきらない」など、
買い物袋が必要な方には、事務局で“エコバッグの貸し出し”を行っています。
貸し出しは無料です! お気軽にご利用ください♪

返却は、次回「海辺の日曜市」に遊びに来てくださったときでかまいません。
(バッグを返しがてら、ぜひまた来てくださいね!)

1回目の日曜市では、たくさん用意したエコバッグの貸し出しは数件でした。
マイバッグをご持参くださった方が多かったようです。
四万十市内のスーパーでは、レジ袋の有料化も進んでいますので、
環境にやさしい暮らし方が身についているんですね!   (わ)

↑このページのトップヘ