幡多・マーケット「海辺の日曜市」のブログ

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、2020年3月から開催を中止しています。 再開が決まりましたらお知らせします。

2009年12月

イメージ 1

イメージ 2

 
高知市長浜からお越しの「みませ屋」さんです!

 * * * 


オーガニックな干物を目指し

朝取れ 天日干しに こだわった干物

さらに 特製ハーブミックスでイタリア~ン

フライパンで簡単に焼ける干物の提案

紙芝居もやるマスターの 手作り干物です!


 * * * 

イカのみりん干しを買ったら、その場であぶってくれました。
とても美味しかったです♪

紙芝居の様子は「すたっふのつぶやき」でもご紹介しています↓
http://blogs.yahoo.co.jp/hm_umibe/5148513.html
1月には、時間を決めて紙芝居の上演をする予定ですので、お楽しみに!


「みませ屋」さんのブログはこちら↓
http://mimaseya.seesaa.net/

「みませ屋」さんのホームページはこちら↓
http://foodpia.geocities.jp/mimaseya/
マスターこだわりの干物をお買い求めいただけます。

イメージ 1

 
地元・黒潮町から出店の 「似顔絵喫茶」 さんです。

 * * *


1,000円で「似顔絵」描きます。

模様入りの手すき和紙に墨で描きます。

もし、お気に召さなければ、お買い上げ頂かなくてもかまいませんので、
お気軽にどうぞ。

他、ポストカード、古布リメイクの雑貨など、手作りの品も販売いたしております。


 * * *

和紙に墨で描かれた似顔絵は、味があってとっても素敵です。

海辺の日曜市のロゴマークのイラストも、店主の彩乃さんの作品です。
彩乃さんの絵を見たい方は、ブログをどうぞ↓
http://blogs.yahoo.co.jp/ayano3371


12月の開催日には、似顔絵喫茶の一隅で、「革細工の体験」も行われていました。
子どもたちが革のブレスレット作りに熱中しています↓

イメージ 2

イメージ 1

 
四万十市の「幡多地区 農村女性リーダー」さんです。

 * * *


原料から加工まで、農家自慢の手作り加工品

“愛情たっぷり”です!


 * * *

商品の写真がないのですが、農家のお母さんたちの手作りのおいしいものが
たくさんありますよ!


ちなみに、「農村女性リーダー」とは、高知県知事より認定され、
農村地域づくりの中核となって活動している女性農業者です。

農村女性リーダのネットワークや、各地域で、いろんな活動を
されています。

詳しくは、高知県農業振興部の「こうち農業ネット」ホームページに
紹介されていますので、ごらんください↓

http://www.nogyo.tosa.pref.kochi.lg.jp/nogyosha/zyosei/

農家の女性たちもがんばっているんですね!

イメージ 1

イメージ 2

久しぶりのお買いもの帳です。

紹介したい商品はたくさんありますが、今日は少し変わったご紹介を…。

海辺の日曜市には、黒潮町内からもたくさん出店をいただいております。
県内でも希少な、自ら楮を栽培されている紙漉き職人さん、中嶋さん(和紙ハレハレ本舗)も出店者のひとりです。
↓↓天然和紙ハレハレ本舗のホームページはこちらです~
http://www.hale-hale.com/

中嶋さんには大変お世話になっておりまして…、黒潮町では昨年から、拳ノ川地区の「若山楮(わかやまこうぞ)」復活のプロジェクトを始めました。
楮(こうぞ)は、和紙の原料となる木で、昔は国内そして高知県内に今よりもたくさんの楮農家がいたようです。明治時代から昭和中ごろ、黒潮町でも楮は木炭や養蚕とともに村の主要産物のひとつでした。特に拳ノ川地区で栽培される「若山楮」は、とても良質で高価で売買されていたと資料にも残されています。
ところが昭和初期になると、商品価格の一元化によって品位の維持観念が薄れ、また戦後は楮蒸しの廃止や他作物への転作、輸入原料の流通などで和紙の需要が減るなど、さまざまな理由で、昭和後期には黒潮町には楮栽培を行う農家が誰一人といなくなってしまいました。
今年、かつての栽培地であった地域住民らと黒潮町がタッグを組んで、日本一の品質を誇っていた若山楮の復活に挑んでいます。この活動に、中嶋さんの他、たくさんの方々に手厚いご協力をいただいてます。
一番の願いは、若山楮を復活させることで、地域の人たちの活動を活発にし交流をより深め、地域が活性化すること。
もう過ぎてしまいましたが、12月19日、20日に初めての楮蒸し&蒸剥ぎをしました。
現在栽培している楮は約1反、そこから収穫した約450圓慮玉擇2日間をかけてみんなでせっせと蒸し剥ぎしました。
昔楮農家であった地元や近隣市町村のおじちゃんやおばちゃん、初めて体験する若者たち、自分の卒業証書を紙漉くためにやって来た町内の小学生たち、老若男女関係なくひとつの場所に集まって、にぎやかに作業が行われて、すぐそばの国道を通りすがった旅の人も泊まり込みで手伝ってくれたり、作業は大変でしたが、期間中はずっと楽しくて素朴で心の温まる時間が流れていました。

今後の若山楮の活動にぜひ注目してくださ~い
↓↓黒潮町公式ホームページ「紙漉きと楮(佐賀北部地域協議会)」
http://www.town.kuroshio.lg.jp/fuukei/kami/index.html
↓↓天然和紙ハレハレ本舗「紙漉つらつらブログ」
http://blog.hale-hale.com/

先月海辺の日曜市に初出店してくださった松craftさん、約束通り寄ってくださって、しかも長い時間みんなといっしょに作業をしていただいて、ありがとうございました!!(写真載せちゃいました。)

イメージ 1

イメージ 2

 
中土佐町から出店の「天の川工房」さんです。

 * * *

使い込むほどにしなやかで味のでる麻(ヘンプ)でいろいろ作っています。

手作りコスメ、家の畑でつくったひょうたん、ヘチマ等々
小物も登場します。

1月は『糸紡ぎ実演・講習』を予定しています!

 * * *


「天の川工房」さんの商品は、下記ホームページでもお買い物できます。

田舎プロダクツショップ とさこや
http://www.works128.jp/tosacoya/a001.htm

↑このページのトップヘ