幡多・マーケット「海辺の日曜市」のブログ

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、2020年3月から開催を中止しています。 再開が決まりましたらお知らせします。

2010年07月

暑中お見舞い申し上げます
毎日暑いですね~。
 
8月の「海辺の日曜市」は特別企画があります
通常の開催日である8日の、“前の日”の夕方5時から、
「前の日の夕焼け市」を開催します!
 
この日だけの特別企画!
夏場は夕方もやってみたいね、というスタッフらの思いつきに、出店者が協力してくださり実現しました!
 
みなさん、お誘い合わせのうえお越しください♪
 
 
イメージ 1

こんにちは
事務局のKazuです。
 
梅雨も明け、いよいよ本格的な夏。
陽の当る所に出ると溶けてしまいそうです。
 
さて、私こと、明日からモンゴルに行ってきます。
スタッフの(わ)さんも一緒です。
(と、行っても二人で行くんではないですよ。誤解のないようにくれぐれも)
 
砂浜美術館のTシャツアート展が海外初進出
7月23日から、モンゴルでTシャツアート展が開催されるのに合わせて、Tシャツアート展の仕掛け人として、このメイキングエポックを確認しに行くのです。
もちろん現地スタッフと共に展示作業に従事。
 
詳しくは草原美術館で
 
向こうではモンゴル(ウランバートル)の市場の視察も予定しています。
「海辺の日曜市」の今後の参考にしたいと思っています。
 
お土産(話)こうご期待!!(ぼ)
 
 
 
 
 

 

お知らせが遅くなりましたが、次の日曜日、黒潮町入野「ふるさと総合センター」にて
“イヤシロチ Festival in 幡多”が開催されます!
 
イヤシロチ Festival in 幡多
■とき   2010年7月25日(日)
       9時30分~16時
■ところ  ふるさと総合センター
       (高知県幡多郡黒潮町入野176-2)
■主催  紫彗 智子
■協賛  砂浜美術館、合資会社NAKKS
 
「癒し」「エコ」「フェアトレード」をテーマにしたイベントです。
海辺の日曜市でおなじみのお店の出店や、ダンスパフォーマンスなど、盛りだくさん!
ぜひお誘いあわせのうえ、みなさんでお越しください♪
 
また、会場では、書き損じはがきや使用済み切手の回収も行っています。
たとえば、はがき8枚で子ども1人分の1ヶ月の教育支援になるそうです(フライヤーより)。
手軽にできる国際貢献にぜひご協力をお願いします
 
 
イメージ 1
 
イメージ 2

7月の「海辺の日曜市」に、出店された、新しいお店をご紹介します
 
四万十町から出店の「なぎさ」さん!
イメージ 1
 
 
玄米ごはんのベジタブルランチボックスや、お肉を使わないタコライス、焼き菓子などを出品されています。
ランチボックスいただきましたが、やさしい味付けで、でもしっかりボリュームもあって美味しかったです
 
イメージ 2
 
イメージ 3 
 
「なぎさ」さんのこだわりは、卵・乳製品・白砂糖・動物性食品は使用せず、なるべく地域で生産された安心・安全な野菜や穀物、調味料を使用していること。
オーガニックな食材を使って、からだにもこころにもやさしい食事を提供してくださっています
 
店主の上野さんは、高知のマクロビオティック料理教室で出会った仲間で作った「オーガニックゆにっと くすくす」に所属しているそうです。
*「くすくす」の活動などについては、ブログをごらんください→http://kusukusu7.blog77.fc2.com/
 
 
以前、「海辺の日曜市」に遊びに来てくれた時、「出店したいけど加工場が・・・」といっておられましたが、このたび、須崎市内の加工場を借りることができたとのこと
 
四万十町から須崎までいって、黒潮町に出店とは・・・!
大変なご苦労だと思いますが、遠くから出店してくださって、ありがとうございます♪
今後ともよろしくお願いします(*^。^*)  (わ)

こんにちわ
事務局のKazuです。
 
昨日の「海辺の日曜市」
80パーセントの降水確率にもかかわらず全く雨が降らず、薄日もさす天気の中、無事終了することができました。
と言っても、私は選挙事務のため山の中の携帯電話も通じない集会所で夕方まで座っていましたが・・・
 
会場のことが気になるので臨時電話でスタッフに電話、向こうからもかかってきたりしながら、少しながら会場の様子をきき、このまま最後まで雨が降らないようにと祈っていました。
 
女性ばかりのスタッフでしたが実に完ぺきにやり遂げてました。重い荷物もあるのに・・・
今更ながら、「海辺の日曜市」のスタッフのレベルの高さに驚いているところです。
 
いろんな経験をしながら、ますます皆さんから支持される「海辺の日曜市」を目指しますので、皆さん今後ともよろしくお願いします。
 
またこの場を借りて、スタッフのみんなに「ありがとう」を言います!

↑このページのトップヘ