幡多・マーケット「海辺の日曜市」のブログ

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、2020年3月から開催を中止しています。 再開が決まりましたらお知らせします。

2010年10月

事務局のKazuです。
とうとう昼前から雨になりました。
 
今日は午前中、11月3日に予定している「こすもすの花見in大方橘川」の会場周辺の草刈りをしました。
イメージ 1
 
大方橘川は黒潮町で最も人口が少ない集落です。
現在18人、世帯は11戸です。
当然年寄りばかり。
 
でも年に1回、少しですがこすもすの花の種をまき、例年11月3日にイベントを開催しています。
今年も3日(水曜日)に開催します。
山の中ののどかな一日をお楽しみください。
「海辺の日曜市」に出展しているメンバーが地元で直接販売します。
 
■こすもすの花見in大方橘川2010■
日時:11月3日(水)10時30分からお昼ころまで
会場:大方橘川集落内
販売メニュー:山菜おこわ/赤飯/おでん/ちらし寿司/とりめし/おにぎり/あんモチ/イノシシ料理/そのほか地場産品販売
※材料のうち、お米、野菜、山菜、ハーブは地元(当組合)で栽培したものを使用します。
※お茶・ハーブティー・コーヒーはサービス
※お酒の販売はありません。
●もち投げがあります。(お昼頃)
中山間生産組合でつくった、手刈り、稲木にかけた天日干しのもち米を使用します。
 
イメージ 2
 

最近、新聞がニュースソースの話題が続いていますが、
今朝の高知新聞に、Autumn・Book(オータムブック)の秋本みゆきさんが出ていました!
(写真上段右端)
 
イメージ 1
 
今年の移動高新は中土佐町での開催で、そのイベントの一つとして10月29日に開催された「夜なべ談義」に、地元代表のお1人として秋本さんが参加されたとのこと。
紙面によると、女性として、母として、子育てや仕事をしながら感じている地域づくりへの思いを語っていらっしゃいました。
 
昨日、10月30日には四万十手仕事市でお会いした(出店されていた)のに、
前日夜は中土佐でシンポジウムだったとは!
秋本さんすごいです!
そのパワフルで多方面な活躍に、脱帽です
 
 
Autumn・Bookさんは、海辺の日曜市を始めたころからの出店者さんです。
日曜市では、手づくりのアクセサリーや革製品を出品されていますが、日ごろは、中土佐町大野見(旧大野見村)で雑貨店を営んでいらっしゃいます。
 
まだお店には行ったことがないのですが、ブログで紹介されている商品などを見ると、とてもステキで、いつかお店にも行きたいね~と、他のスタッフたちとも話しているところです。
 
お店は、この10月に4周年を迎えられたそうです
おめでとうございます!これからも末永くがんばってくださいね♪ (わ)
 
Autumn・Book(オータムブック)さん ブログ http://a-book.no-blog.jp/

こんにちは、海辺スタッフのwakaです。
昨日・今日と四万十町窪川で開催中の「四万十手仕事市2010秋場所」。
1日目にさっそく行ってまいりました♪

 
場所は、窪川中学校の手前を左に曲がったところにある、四万十緑林公園。
1日目は、台風の影響を考えて、公園内の「四万十会館」屋内での開催でした。
 
会場までの道中には、手仕事市さんの“のぼり”がありました。
色合いがステキ
こういうのを見ると、海辺の日曜市にも欲しいな~、と思ってしまいます。
手仕事市さんがんばってるから、うちらもがんばらんと!
 
イメージ 1
 
会場入口で、海辺の日曜市にも出店されている「まぁ坊豆腐」さんにお会いして、
「今日は視察ですか??」と聞かれました。
一応、視察も兼ねてますが、一番の目的は、自分が楽しむこと!
そして、手仕事市さんもたびたび海辺の日曜市に来てくれるので、お礼も兼ねて。
海辺の日曜市と同じように地域でマーケットを運営している手仕事市さんを微力ながら応援したい気持ちもあります。
 
 
会場に入ってすぐのところで、“ゆびあみシュシュ”のワークショップをしていました。
つい先日、友達がかわいい毛糸のシュシュ(ヘアゴム)をしていたので聞くと、手づくりなんだけど材料の毛糸が結構高価なんだよ~とのこと。
また別の日には、雑貨屋さんでかわいいシュシュを見つけたけど、やっぱりちょっと高価すぎてあきらめた私。
 
今回の四万十手仕事市では、“シュシュ作り体験”が1回500円でできる!ときいて、
さっそく体験させていただきました
 
イメージ 2
 
たくさんのおしゃれ毛糸の中から、好きなものを3色選んで、指で編んでいきます。
初体験のわたしでも、10分程度で作れました。 
ただ・・・。色の組み合わせにはセンスが必要かも?
(ピントが合ってませんが、手前に写っているのが私のつくったもの。) 
 
 
 
このあと、「ハレハレ本舗」中嶋さんが和紙に1枚1枚手書きした来年のカレンダーや、「Aqua」さんの手づくり石鹸、「MOA自然農法四万十普及会」さんの有機栽培のしょうが、赤色のフクロウ柄がかわいすぎる「mori:sac」さんのナベ敷きなど、いろいろと買い物を楽しみました。
 
 
また、会場内に、とっても若い出展者さんがいたので聞いてみると、四万十町内の高校生とのこと
「Marcher」さんは、イラストレーションの勉強をされていて、今回四万十手仕事市に出してみないかと声をかけてもらったので、これまで描いた作品を出展したのだそうです。
お客さんとのやりとりで、アイデアをもらったり、勉強になる、とおっしゃっていました。
こうやって、若い世代を巻き込んでいくことで、地域の将来も明るくなる、そんな気がします。
海辺の日曜市でも、ぜひ、学生さんのお店、出店してもらいたいですね!
 
 
「四万十手仕事市」は、見て触れて、出展者さんとお話をするだけでも楽しい♪
手づくりのあたたかさいっぱいのイベントです◎ 
今日も10時から15時まで開催していますので、ぜひ遊びにいってみてくださいね♪
(わ)
 
 
四万十手仕事市、秋場所
~手のひらから つたわるもの つくりだすもの~
 
とき   2010年10月30日(土)~31日(日)
     両日とも10時~15時
ところ  四万十緑林公園
 
詳しくは、四万十手仕事市さんのブログをご覧ください。出展者さんの紹介もあります♪

イメージ 1

会議が済んで今から黒潮町に帰ります。

今日の会議でも海辺の日曜市を大変楽しみにしている。とても楽しい場所ですね、と声をかけてくださった方がいました。
次回も来てくださるようですが、
すみません、私、青森に行っていないんです。ごめんなさい。
(-人-)

ということで、自分が心なしか疲れているので、高知駅も元気がないように感じました。
龍馬効果も薄れて来ているのでしょうか

事務局Kazuです。

昨日から高松に来ています。
昨日は高松駅に夕方着いたらすぐに会議の会場に向かったので讃岐うどんに出会えずでしたが
さすが讃岐のホテル
朝食にしっかりうどんがあったので二杯食べました。
うどんはやはり本場讃岐で食べるのがなぜか一番うまい。
カツオたたきは高知、その中でも黒潮町佐賀で食べるのが一番うまい。
風土に根ざした食物は、どんなハイレベルの調理技術をも超越しているような気がします。
海辺の日曜市がそういう地域の風土に根ざした地域産品を後世に伝えて行く役割を担えればいいなぁと思います。

さて私は今から高速バスで高知に移動

午前午後
それぞれ会議に参加して黒潮町に帰ります。

↑このページのトップヘ