幡多・マーケット「海辺の日曜市」のブログ

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、2020年3月から開催を中止しています。 再開が決まりましたらお知らせします。

2011年04月

いよいよゴールデンウイークですね!
今年も、黒潮町内でいろんなイベントが行われますので、開催日順にご紹介します。
特にゴールデンウイーク後半はイベント盛りだくさん!
ぜひ高知県西部へお越しの際は、黒潮町にも立ち寄ってみてください(^o^)/
 
○大方誠心園作品展「万友引力」
 4/29(金)~5/5(木) 8:30~17:30
 黒潮町浮鞭 道の駅ビオスおおがた 情報館(物産館のとなり)
 ★黒潮町内の知的障害者更生・大方誠心園の利用者さんの作品展。
   才能と感性豊かな作品を、多くの方々に知ってもらいたいと企画されました。
   入場無料ですので、この機会にぜひごらんください♪
 
○第23回 Tシャツアート展
 5/1(日)~5(木)
 黒潮町入野 砂浜美術館(入野の浜)
 ★今年は、モンゴル・ハワイからのTシャツも一緒に展示しています。
   来られない方は、ネット中継でどうぞ。(5/1~) 
 ★会場周辺には、食べ物や作家さんの作品など、たくさんのお店が並びます。
 
イメージ 1
本日展示されたTシャツ。ロープに洗濯バサミでとめています。
 
○キャンドルナイトフェスティバル
 5/2(月) 18:00~
 黒潮町入野 砂浜美術館(入野の浜)
 ★BlackWave高知大学学生プロジェクトの主催です。
 ★去年の8月、海辺の日曜市の「前の日の夕焼け市」にもキャンドルで協力してくださいました♪
 
○カツオと鯉のぼり川渡しフェスティバル
 5/3(火) 10:00~15:00
 黒潮町佐賀 坂折地区 伊与木川流域
 ★11:30・14:00には、紙鯉のぼりのプレゼントがあります!
 
○第26回 シーサイドはだしマラソン全国大会 
 5/3(火) 10:30スタート
 黒潮町入野 砂浜美術館(入野の浜) 
 ★長さ4キロの砂浜を、はだして往復するマラソン大会です。Tシャツアート展会場も通ります♪
 
○趣味人集合2011
 5/4(水) 10:00~
 黒潮町入野 土佐西南大規模公園内
 ★ラジコン・バイクトライアル・スケボーなど、趣味人が集まって実演&体験できます♪
 
○ひらひらシンポ
 5/4(水) 13:00~16:45
 黒潮町入野 ふるさと総合センター 大ホール
 ★Tシャツアート展に関わる人々が集まって、世界に広がり始めたひらひらの文化について語り合います。
   最後は砂浜でフラ+Tシャツが楽しめます。参加無料ですので、ぜひお立ち寄りください!
 ★海辺の日曜市のボスも、パネルディスカッションのコーディネーターとして登場します♪
 
イメージ 2
23年目にして初のシンポジウム。豪華パネリストにも注目です!
 
○第5回 びーさんとばし大会 in黒潮町
 5/5(木) 13:00~参加受付、14:00~競技開始
 黒潮町入野 砂浜美術館(入野の浜) 
 ★砂浜で、公式ルールにのっとってビーチサンダルの飛距離を競います!
 
 
*砂浜美術館のイベントについては、こちらで詳細が確認できます。
 砂浜美術館ホームページ http://sunabi.com/doc/tshirt.html
 砂浜美術館ブログ http://blog.canpan.info/sunahama/
 
 
ちなみに、ゴールデンウイーク最後の日曜日、5月8日は「海辺の日曜市」の開催日!
ぜひ、遊び疲れた心と身体を癒しに来てね♪
(わ)  

先日、黒潮町浮鞭「道の駅ビオスおおがた」の駐車場の一角(海側)に、
新しいお店がオープンしました。
 
さっそく、友人らとランチを食べに行ってきましたよ♪
 


イメージ 1地カフェ 海辺食堂
 
丁寧ランチ 限定10食。
コーヒーとおやつ。
夜の営業は1日1組様 予約制。
(2~3日前までに予約が必要です)
 
黒潮町浮鞭3572-2
TEL 090-2829-0049
営業時間 11:30~17:00
月曜定休
客席6 駐車場300台
 
 
イメージ 2
 
 
 ~丁寧ランチ 本日の献立~
・わら焼きカツヲと小夏のカルパッチョ風
・翡翠(ひすい)茄子鶏そぼろあんかけ
・季節野菜と海老のカキアゲ
・地野菜たきあわせ
・竹の子ごはん
・おみそ汁
・おつけもの
・イチゴソースのパンナコッタ
 


 
ボサノバのBGMが流れる店内に、イスは6席だけ。
ちょうど6人でランチを食べに行ったので、お店は貸切り
とってもリッチな気分でランチを味わうことができました♪
 
料理も、地域で取れた野菜や魚を使って、丁寧につくられていて、旬の美味しいものを満喫することができます。
美味しい食事に、会話も弾み、あっという間にお昼休みが過ぎていきました。
 
ごはん茶碗は、海辺の日曜市にも出店している「日常屋」さんにオーダーしたものだそうです。
食堂店内では、「日常屋」さんの器や、あみぐるみなどの雑貨も展示販売しています。
 
“丁寧ランチ”は1200円。
ランチ+ドリンク+おやつの“べつばらセット(1600円)”というのもあって、
時間があるとき、のんびりランチタイムを楽しむのにいいですね♪
 
夜の食事は、2名以上から予約できます。(2~3日前に予約が必要)
貸切ですので、記念日や、大切な人と一緒に行きたいな♪
 
 
お腹だけでなく、心も満たされるステキなカフェです。
黒潮町にお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。
(わ)

先月の銀座は暗かった。
銀座だけでなく、空港やあらゆるところが暗かった。
いつもの東京の町と比べたら確かに暗いが、
田舎者の暗闇に馴れたものとしては、それでも明るかった。
 
あちこちで東京の町が暗いと言われた。
それが外国のどこそこの町の様で「いい」とみんなが言った。
暗くても問題ない
落ち着いていい
とか言い始めた。
 
なんでそんな意見が
今まで出なかったのであろうか。
 
「東京は不必要に明るい=電力を消費しすぎている」ということを言った、
「識者」の記憶がない。
 
1ケ月ぶりの東京
”明るさが戻っている”ように感じる。
 
夕食が済んでホテルに帰る途中、
チェックイン前に確認していたコンビニ行った。
近くになっても看板や入口のサインに明かりがついていない
「しまった、閉めてしまったのか」と思ったが、近づいてみると開いていた。
 
店の中は依然と同じ、
フル灯り
・・・まぶしい・・・
 
サインと店内の照明
どちらが電力を使うのだろう
 
もっと店内の明るさを落として
サインの照明を落して点灯する。
 
そうはならないのだろうか・・・
 
と思ったことです。
 
 
 
 
イメージ 1
 
 

イメージ 1

事務局Kazuです。

1ヶ月ぶりに東京です。

二子玉川のライズSCを出たところでテレビ番組の取材をやっていました。
タレントはキャイ~ンの二人、さんぺいでーす、たのしんごちゃんときりなんとかちゃん。

カメラ撮影禁止の関係者の叫びもむなしく、みんなが携帯でパチリパチリ

かくいう私もこっそり一枚
都会の人でもテレビ撮影は珍しいんだなぁ

わたしたちのまちには美術館がありません
美しい砂浜が美術館です
 
 
 
砂浜美術館構想が生まれたのは、いまから20数年前ですが、今も、黒潮町には美術館はありません。
でも、砂浜美術館という考え方にひかれて人が集まって、NPOができて、
Tシャツアート展は世界に広がっています。
 
 
 
今朝、地域住民のみなさんやNPO砂浜美術館のみなさん、役場職員らで、
ゴールデンウイークのイベント開催にむけて、砂浜清掃を行いました。
 
拾い集めたのは、主に木切れや海草など、自然界のものです。
人工的なゴミはほとんどありませんでした。
 
砂浜美術館のBGMは、波の音。
さわやかな風に吹かれながら、ごみを拾うのはとっても気持ちがいいです。
 
砂浜美術館は、ここにあるものならなんでも作品になります。
Tシャツアート展のTシャツ、はだしマラソンのランナー、
ウミガメや、千鳥のあしあと、沖のくじら、漂流物などなど・・・。
 
こうやって写真を撮ってみると、
掃除をしているわたしたちも、砂浜美術館の作品に見えてきませんか?
 
イメージ 1
 
 
 
 
タッチパネルで偶然取れた写真です。
ちょっと、植田正治風で気に入っています(笑)
 
(わ)
 

↑このページのトップヘ