幡多・マーケット「海辺の日曜市」のブログ

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、2020年3月から開催を中止しています。 再開が決まりましたらお知らせします。

2013年04月

再び、スタッフのwakaです。
 
4月の海辺の日曜市。
橘川のリエさんが、珍しいものを持ってこられていました。
「誰か、欲しい人がおるかと思って」と見せてくれたのは、「ごんじゅう」。
 
イメージ 2
 
かなり大きいのが何匹もいます。
子どもの頃は平気だったけど、さすがに大人になると触れないですね。
写真撮るので精一杯。
 
イメージ 1
 
橘川の隣に出店していたまぁ坊豆腐のタロウくんが、興味津々に見ています。
タロウくんにもらわれていったかな?
立派なカブトムシになったらぜひ見せてくださいね。(カブトムシなら今でも触れます。)
 
 
 
カブトムシの幼虫のことを、旧大方町では「ごんじゅう」と呼びます。
そして、隣の旧佐賀町では「ごんにゅう」と呼びます。(旧窪川町でも「ごんにゅう」らしい。)
今は合併して黒潮町になっている大方町と佐賀町で、呼び方が違うのはおもしろいですね。
 
ちなみに、私の田舎(となりの四万十市奥屋内)では、カブトムシの幼虫のことは「カブトムシの幼虫」といいます。
だから、幡多地域共通の呼び方ではないのは確か。
もし、語源などご存知の方がいたら、ぜひ教えてください。
 

こんにちは、海辺スタッフのwakaです。
 
4月の海辺の日曜市。
 「まぁ坊豆腐と喫cha店」のお店は、パラソルでの出店。
 
イメージ 1
 
右半分がむーちゃんの「喫cha店」。天然酵母のパンやおいしい食べ物・飲み物があります。
左半分がまぁくんの「まぁ坊豆腐」。手づくり豆腐やおからギョウザが人気です。
 
むーちゃんのパン。食パン、ベーグル、丸いパンもあります。
こんなにたくさんあったのに4月は完売!
 
イメージ 2
 
わたしはなんとか最後の1個をゲットできました。
ずっしり目の詰まった天然酵母のパンに慣れると、市販の食パンでは物足りなくなってきます。
 
「喫cha店」は、四万十市下田公園にお店があります。
第2日曜日以外にも美味しいパンやお料理が食べたい!という方は、ぜひ行ってみてください♪
 
イメージ 3
 
■まぁ坊豆腐と喫cha店  http://maboukicha.exblog.jp/

海辺の日曜市でカレー屋さんといえば、「トコトコ屋」さん。
夏には、果物を使った自家製シロップのかき氷も販売しています。
 
イメージ 1
 
最近、西土佐の自宅でお店を始められたそうです。
手にしている看板は、お店のオープン祝いにお友達が手作りしてくれたもの。
気の表面を焼いて、字の周りを削っています。
 
形も文字も、なんとも味がありますね。
 
今年3月11日にオープンしたトコトコ屋さんのお店は、四万十市西土佐江川の国道沿いです。
「江川崎から十和の道の駅方面に車で約5分、5.5キロ走ると左手にお店の看板がみえてきます。
江川トンネルまで行くと行き過ぎで、その手前2件目の家になりますのでよろしくお願いします!」
とのこと。(フェイスブックから引用させていただきました。)
 
四万十川を見ながら食べるグリーンカレーはきっとおいしいでしょうね!
 
waka

こんばんは、海辺スタッフのwakaです。
 
4月の海辺の日曜市。
最近、歓迎会続きで食べ過ぎ・飲み過ぎの私は、お財布の中身はやせ細り、逆に体は太り気味。。。
海辺の日曜市でも、いつもより買い物を控えていました。
 
が、やっぱり月に1度の楽しみですから、美味しいものは食べたい!
 
そこで選んだのは、おむすび・お味噌汁・だし巻き卵の、「海辺食堂」3点セット。
旬の地元野菜や天然由来の調味料を使っていて、体に優しいおいしさ。
だし巻きに添えられたサラダには、魚も入っていてカルパッチョ風。
 
イメージ 1
 
そして、卵焼きのとなりには・・・
 
イメージ 2
 
大根のちょうちょ!
繊細な匠の技です☆
 
 
食後のデザートも、海辺食堂の抹茶のロールケーキ。
生クリームにはあずきが入っていて、洋菓子と和菓子と両方食べたような満足感でした。
 
イメージ 3
 
お茶も海辺食堂さんだったら、ほんとにフルコースだったな(笑)
 
どうも、ごちそうさまでした。

イメージ 1
 
海辺の日曜市にお母さんと来ているひなちゃん。
いつも、お母さんのお店に手づくり小物をおいて販売していたりするのですが、今日は、初めて、自分だけの独立したお店を出店しました。
 
テントはないものの、テーブルや敷物、商品を並べて、出店準備。
ビーズアクセサリーとシュシュの手づくりワークショップです。
 
 
そして、初めてのお客さん!
 
イメージ 2
 
ひなちゃんよりちょっと年下の女の子です。
ビーズを選んで、ブレスレットを作っています。
紐の長さは、ひなちゃんが彼女の腕のサイズに合わせて決めていました。
 
ちゃんと作り方を説明して、しっかり完成まで見守っていたひなちゃん。
途中、お店そっちのけで遊んでいたので、本日のお客さんは一人だけでしたが、一人でもいたので初出店としては大成功でしょう!
これからも頑張ってね☆
 
 
「海辺の日曜市」では、子どもたちのチャレンジを応援しています。
チャレンジショップの出店は無料ですので、ぜひ興味がある方は事務局までご連絡ください。
 
waka

↑このページのトップヘ