幡多・マーケット「海辺の日曜市」のブログ

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、2020年3月から開催を中止しています。 再開が決まりましたらお知らせします。

2013年12月

2009年11月の開催以来、幡多・マーケット「海辺の日曜市」が5年目を迎えました。
これを記念し、2014年1月12日だけの特別企画として、映画の無料上映会と全国半島地域の“ミニ物産市”を開催します。
ぜひこの機会に、多くの方に映画やマーケットをお楽しみいただきたいと思います。
 
 
特別企画① 映画「よみがえりのレシピ」無料上映会
山形県で古くから栽培されてきた在来(ざいらい)作物のタネを守り継ぐ人々のドキュメンタリー映画「よみがえりのレシピ」無料上映会。焼き畑農業法を研究する江頭宏昌先生、“山形イタリアン”「アルケッチャーノ」の奥田政行シェフ、そして手間を惜しまず種(たね)を守り続ける農家の人たちが登場します。
■日時  2014年1月12日(日)16:00~17:40
■会場  大方あかつき館レクチャーホール ※関係者含め先着200名様まで
      (高知県幡多郡黒潮町入野6931-3 電話0880-43-2110)
■入場料  無料
※作品の内容については、映画「よみがえりのレシピ」公式サイトをご覧ください。
 
特別企画② 半島ミニ物産展
北海道・江差町/青森・五所川原市/京都・伊根町/熊本県・天草市など全国の半島地域の物産を、
その地の“半島人”が来場、直接会場で販売します。
■日時  同日9:00~14:00
■会場  「海辺の日曜市」会場内(黒潮町入野・土佐西南大規模公園)
 
 
イメージ 1
↑写真をクリックすると大きくなります。
 
 

こんばんは、海辺スタッフのwakaです。
 
12月の海辺の日曜市に、うわさのアピアカートで遊びに来てくださったお客様が!
宿毛市のKくんとそのお友達です。
 
イメージ 4
 
イメージ 1
 
「アピアカート」とは、四万十市のショッピングセンター・アピアさつきで、今年11月28日からレンタルされているミニカーです。見た目はゴーカートですが、ちゃんとナンバーがついていて、運転するには車の免許が必要とのこと。
 
イメージ 2
 
ミッションではなくオートマ。
足回りとかむき出しでちょっと怖そう。。。
 
イメージ 3
 
カートの周りに、男性や子どもたちが集まってきました。
「ぼくも乗りたい!」という男の子に、「残念、免許がないと乗れないよー」と、ちょっと得意げな大人たち(笑)
 
 
アピアカートは、1時間1,500円ぐらいから借りられるそうです。
Kくんたちは、保険込みで2時間3,000円で借りていて、海辺の日曜市でお昼を食べて帰っていきました。
 
以前、四万十市内で初めて見たときは、この寒い真冬にあんな車に乗るなんて無理!と思ったのですが、先日の日曜市の日はとてもいいお天気だったので、中村から大方へのドライブもきっと楽しかったのではないでしょうか。
 
ぜひ、アピアカートの方には、海辺の日曜市を第2日曜日の周遊コースとして紹介していただきたいなと思います。
 
 
Kくん、撮影協力ありがとう!
また遊びに来てね~(*^-^*)ノ

こんばんは、海辺スタッフのwakaです。
今夜は雨が降っていますが、昨日はポカポカ陽気のマーケット日和のなか、2013年最後の「海辺の日曜市」を開催しました。
 
イメージ 1
 
 
12月だから、クリスマスや、お正月のものがいろいろありましたよ!
 
イメージ 2
 
喫cha店・むうちゃん手づくりのシュトーレン。
クリスマスまでに毎日少しずつ食べる、ドイツの特別なパンです。
パン生地の中に、ドライフルーツやしょうがなどがいっぱい入っています。
最近では、これを食べないとクリスマス気分になれません(笑)
 
 
イメージ 3
 
ウオッチさんのクッキーは、季節感満載でいつも楽しませていただいています。
12月は、雪だるまやツリー、長靴、柊の葉っぱなどのクリスマスクッキー。
雪だるまのボタンがチョコチップでうれしかった(*^_^*)
 
 
イメージ 4
 
毎年、翌年の干支などをモチーフにした小物を作っているうさぎ堂さん。
2014年はうまどしですが、馬は作るのが難しくて断念したそう。
写真は、獅子舞い付きの鏡もち。升は、四万十市の地酒・藤娘ですね!
 
 
お久しぶりに出店の「エムクラフト」さん。
 
イメージ 5
 
麻紐で作られたランプシェードです。天井から吊るしてもよし、床に置いてもよし。優しい灯りです。
初めて来たという地元のお母さんたちが、「あの丸いのは何かね?」と興味津々に見ていました。
エムクラフトさんは、不定期ですが、またちょくちょく出店してくださいますので、お楽しみに。
 
 
津野町から出店のコナ・カフェさん。
手のひらサイズのメロンパンや、黒糖チーズケーキがオススメです。
 
イメージ 6
 
この日は、マヨネーズパンとソフトフランスを購入。どれも手のひらサイズで、朝ごはんとかによさそう。
日曜日の朝、ちょっとゆっくり起きて、10時ぐらいに海辺の日曜市でモーニングなんていいですね
私は、朝ご飯もしっかり食べていたけど、おめざにいただきました。
 
 
イメージ 7
 
コナ・カフェさんは、同じ津野町の茶々香さんのジャムをときどき持ってきてくれます。
地元の野菜や果物をつかった、自然の味を生かした優しいジャム。
「今年もお世話になりました」など、メッセージ入りのラッピングもあって、プレゼントにもいいですね。
 
※海辺の日曜市では、原則として、作り手が自分の作ったものを販売することとしており、仕入品の再販は認めていませんが、家族や友人など、顔の見える関係の人のものはOKにしています。
 
 
イメージ 8
 
11月に引き続き、出店していただいた「馬荷温泉の足湯サービス」。
意外とあたたかい日になったので、あまり足湯に入るお客さんは少なかったようですが、ユズ入りのお湯でマーケット出店者のお子さんたちがあったまっていました。
(そしてユズにはかじられたような跡が・・・)
 
 
このユズは、黒潮町のとなりの四万十市西土佐奥屋内の私の実家で取れたものです。
毎年、冬至の季節に合わせて、12月に少しだけおすそ分けしてもらっています。
マーケットに来たお客さんにもプレゼントしました。
 
イメージ 9
 「ぼくもユズもらったよ!」と、モデルになってくれたカイトくん。
大きなユズを2つカバンに入れてニッコリ(*^_^*)
 
ユズ代金の代わりに、東日本大震災のことを忘れないための1%プロジェクトの募金をお願いしたところ、多くのお客さんが快くご協力くださいました。
おかげさまで、いつもの2倍近い募金額が集まりました。ありがとうございました。
 
イメージ 10
 
 
次回の「海辺の日曜市」は、2014年1月12日(日)に開催します。
1月も馬荷温泉の足湯サービスがありますので、寒くても安心してお越しください。
 
 

イメージ 1

海辺の日曜市はじまりました。
今日は22店の出店で、のんびりやってます。
馬荷温泉の足湯サービスもあります。
おいしいもの、かわいいもの、楽しいものかいろいろあります。
ぜひお越しください。

わか

イメージ 1

おはようございます。
寒い朝ですね。

今日は、2013年最後の「海辺の日曜市」です。
今年も、四万十市西土佐奥屋内の実家から、ユズをもらったので、ご来場の方に差し上げます。

ユズ代の代わりに、1%プロジェクトの募金にご協力いただけるとうれしいです。

日中はよく晴れて、寒さも和らぎそう。
マーケットは、朝9時から午後2時まで、土佐西南大規模公園体育館横で開催します。
ぜひお誘いあわせてお越しください!
お待ちしています。

waka

↑このページのトップヘ