幡多・マーケット「海辺の日曜市」のブログ

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、2020年3月から開催を中止しています。 再開が決まりましたらお知らせします。

2014年11月

こんばんは、海辺スタッフのwakaです。
 
本日の「海辺の日曜市」は、実は、5周年記念日でした。
 
2009年11月9日に、海のバザール駐車場で第1回目を行ってから、今回が中止になった月も含めて、61回目です。この5年間で、4回中止になっていますので、開催した回数では57回ですね。

1回は、2010年6月、ネストの駐車場で開催していたころに、大雨と大風でやむなく中止。今後は雨でも開催できるようにと体育館に場所を移しましたが、2011年3月11日(金)に東日本大震災が発生。黒潮町沿岸に津波注意報が発令され、やむなく中止。その後、私たちが忘れないためにと「1%プロジェクト」を開始し、現在も募金活動を行っています。
そして、2013年は、8月と10月に台風の直撃を受け中止に。今年だけで2回も中止しています。体育館前の屋根のあるエントランスが使えないということもありますが、さすがに、台風が来たら、屋根があっても開催はできなかったでしょう。
 
そして今日、5周年も雨になりました。
となりの芝生エリアで開催を予定していた「大方の秋まつり・黒潮町まるごと産業祭」は、ライブやダンスのステージイベントを中止し、場所をテニスコート側の駐車場に移転。海辺の日曜市は、いつもの場所での開催で、せっかくの同時開催でしたが、並んで行うことができませんでした。
 
5周年を盛り上げるライブイベントもなく(産業祭のステージがあるので企画しなかった)、雨の中、盛り上がりに欠けた感もあったかもしれませんが、この、何気ないいつもどおりの日常感や、のんびりした雰囲気がいい、というリピーターの皆さんには、静かに落ち着いて楽しめたかも。
 
また、離れているとはいえ、体育館の文化展示や、産業祭の出店を見に来たお客さんにも立ち寄っていただくことができ、黒潮町民への認知度もまた少し上がったのではないかと期待しています。
 
と、文章が長くなってきましたので、本日の様子を、ダイジェストでご紹介していきます!
 

まずは、本日の新規出店者さんと、お久しぶりの皆さんです!
 
イメージ 1
 
イメージ 2
土佐清水市から出店の「One Drop Jerk Chicken(ジャークチキン)」さん。
炭火でいぶし焼きした四万十どりは、ビールが欲しくなるかも(笑)
毎週金曜日は、土佐清水市内のパン屋「ポミエ」さんの前で出店しているそうです。
 
 
イメージ 3
手づくりの布小物やアクセサリーのお店「Sachi&Yuni2」さん。
雰囲気や笑顔がそっくりなおふたり、実は、姉妹??
って聞いたら、数年前に知り合った友だちだそうです。
 
 
イメージ 5
高知市からお越しの「ミニミニセメントハウス」さん。
その名の通り、ちっちゃなおうちが並んでいる様は、外国の小さな街のよう。
淡いパステルカラーは、バターミルクペイントという環境に優しい塗料だそうです。
毎月、1つずつ集めて、街をつくるのも楽しそう♪
 
 
イメージ 4
「Cona-Café」さんの隣にジャムなどを並べているのは、「茶々香」さん。
本当にお久しぶりの出店です。3年ぶりくらいでしょうか?

「海辺の日曜市」の前身として単発のイベントで行ったファーマーズマーケットに初出店され、その後、高知オーガニックマーケットなどにも出店し、活躍の場を広げている茶々香さん。
そのきっかけのひとつが「海辺の日曜市」というのがうれしいですね。
また時々、来てくれるそうですので、お楽しみに♪
 
 
 
それから、8月の夕焼け市、10月の夕焼け市と日曜市、出店を予定していたマーケットがことごとく台風で中止になってしまった、大方高校2年生のキャンドルのお店。
今回やっとリベンジ出店が叶いました!
 
イメージ 6
 
大方高校のミッションの授業で海辺の日曜市に関わってきた4人の男子高校生が、8月の夕焼け市に出店するため、暑い夏の間に作り始めたキャンドル。灯りを点して楽しむことはできませんでしたが、ワークショップも2時までにすべて終了しました。お疲れさまでした!
→ミッションの授業や、キャンドルづくりについてはこちらをご覧ください。
 
 
もうひとつ、予告しながら開催できていなかったハレハレ本舗さんの「張ろーワーク」。
古い和紙のカレンダーを再利用し、オリジナルのカゴを作るワークショップです。
作っているところは撮影してないのですが、参加した方はとても素敵なカゴを作っておられました。
私も、去年のカレンダーあるから、今度参加してみたいと思います。
 
イメージ 9
 
 
 
5周年ならでは、の企画としては、さいとうのうえんさんが、「フリーマーケット」を企画出店していました。
縁日やくじ引きに子どもたちが集まっています。
その隣では、おでんもぐつぐつ。これからの季節、あったかいものがいいですね♪
 
イメージ 7
 
イメージ 8

 
 
そして、この日は、「大方の秋まつり・黒潮町まるごと産業祭」が午後3時までに開催だったので、「海辺の日曜市」も1時間延長して午後3時まで開催。
 
終了後、片づけがひと段落した頃、出店者さんに集まってもらってミーティングをしました。
ほぼ毎回、マーケット終了後にこうやって集まり、事務局からのお知らせ伝達や、新規出店者さんのご紹介、各出店者さんからのお知らせや宣伝など、情報交換を行っています。
これも、5年間変わらずに続けてきたモノの一つ。
 
イメージ 10
 
 
 
幡多・マーケット「海辺の日曜市」は、2009年の開催当初から、「風土に根ざした地域産品を創造することにより、エコロジカルで堅実な地域経済を支援し、地域ににぎわいを生む」というミッションを掲げています。
このミッション達成に向けて、今後も事務局、出店者さん、お客さん、みんなで、マーケットを通じて幡多地域を盛り上げていきたいと思います。
6年目もどうぞよろしくお願いします。
 
 
次回は、12月14日(日)の開催です。
またのご来場をお待ちしています!
 

雨の中ですが、11月の海辺の日曜市はじまりました。
いつもの場所に、24のお店が出ています。
いつもよりにぎやかです(笑)
新しいお店もありますので、ぜひお立ち寄りください。

大方高校生のキャンドル飾り付けワークショップもありますよ!

イメージ 2


イメージ 3


イメージ 1


waka

おはようございます。海辺スタッフのwakaです。

朝から、黒潮町はかなりの雨が降っています。
このあと次第に弱まりそうですが、天気予報は「雨」で変わらずです。

海辺の日曜市は、いつもの場所で午前9時から開催しますが、出店中止のお店もありますのでご注意ください。

なお、同時開催「大方の秋まつり・黒潮町まるごと産業祭」は、ステージは中止、出店と作品展時は行われるとのことです。
 
イメージ 1

こんばんは、海辺スタッフのwakaです。
今日も青空が広がる、秋晴れのお天気でしたね。
朝晩の寒暖の差が激しいので、風邪などひかないように注意したいものです。
 
さて、今度の日曜日は、幡多・マーケット「海辺の日曜市」の開催日です。
11月9日(日)は、「第52回大方の秋まつり・第2回黒潮町まるごと産業祭」と合同開催のため、午前9時から、、一部のお店を除いて午後3時まで、1時間延長して行います。
場所はいつもどおり、黒潮町入野・土佐西南大規模公園体育館横です。
 
「海辺の日曜市」は、いつもの三角形の芝生スペースを囲んで行います。
体育館の横の、大きな長四角の芝生スペースでは、「秋まつり」と「産業祭」の出店やステージイベント、体育館内では、「秋まつり」の作品展示が行われます。
 
また、大規模公園内では、スケートボード場で「SMOOTH COBRA」というスケボーのイベントや、海のバザールで「幡多山もりフェス」もあります。
 
もりだくさんで、いろいろ楽しめる1日ですので、ぜひ遊びに来てください!
 
では、11月の出店予定者をご紹介します。
 
11月9日の出店予定者
(店番号・店舗名・エリア・出品物の順に掲載)
※今日現在、出店予定のお店を掲載しています。
※天候などにより、やむをえず当日キャンセルするお店もありますので、ご注意ください。
は新しいお店、は久しぶりのお店です。
 

【農産物】
●106 有機栽培 おむすび畑/宿毛市
 無農薬、春夏秋冬の季節野菜・ハーブ・雑穀・山菜・農産加工品(無添加キムチ・漬物・ジャムなど)
●135 橘川中山間生産組合/黒潮町
 寿司・餅・味噌・その他加工品
●306 さいとうのうえん/四万十市
 木炭、木酢液、四万十榊、机、イス、玉ねぎ、にんにく、スナックえんどう、水菜、ハンドメイド(財布、ポーチ、バッグ、ネックウォーマー、ティッシュケース、ぼんぼんゴム、くるみボタンゴム、パワーストーンストラップ、キーホルダー)

【飲食】
●102 井古井/宿毛市
 国産・鹿児島産鶏モモ肉 炭焼き味付けジャンボ串(170グラム)
●115 ともえどう/宿毛市
 たこ焼き(宿毛産オクラ粉使用)、かき氷
One Drop Jerk Chicken/土佐清水市
 ジャークチキン(炭火いぶし焼きチキン)
 
【加工食品】
101 茶々香/高岡郡津野町
 手づくりジャム・クラッカー・干し野菜
●110 まぁ坊豆腐屋と喫cha店/四万十市
 手づくり豆腐・自家製酵母パン・季節のドリンク
 自家製酵母パンとおやつ・季節の野菜を使ったカフェ風おやつ
●301 この花 /四万十市 ※うさぎ堂とシェア
 手づくり味噌しそ巻き(さとう・粉・クルミ・ゴマ・唐辛子・味噌をお団子にしてしそで巻いた宮城県仙台の郷土菓子)※しそは四万十産、味噌は自家製または信州産
●359 /宿毛市
 帆立貝めし、ブリまぐろもつ煮、ブリまぐろ塩辛、ブリまぐろもつ串焼
●362 チーズケーキと焼き菓子の店 Cona-Café/津野町
 チーズケーキ、クッキー、パン、プリン、手づくりジャム
●369 drop/四万十市 ※さいとうのうえんとシェア
 自分の畑で収穫した野菜を使ったシソ入りとりだんご、ぎょうざ
379 愛足るパンのスナフパン/土佐清水市
 天然酵母パン(ベーグル、食パン、その他各種)、その場で揚げたてカレーパン、その他揚げパンいろいろ、その場で七輪で焼きたて平パン

【工芸品・雑貨】
 手づくり吹きガラス製品(食器・花器・オブジェなど)、手づくりとんぼ玉・アクセサリーや小物など
●114 ハレハレ本舗/黒潮町 ★ワークショップ「張ろーわーく」も!
 幡多地域の植物を使った手漉き和紙 
●120 うさぎ堂/四万十市  
 和の雑貨、服、その他
●137 虹のゆめ屋 /宿毛市
 布でつくったバッグ・エプロン・コースター・洋服・ポーチ・キーホルダー・クッションカバーなど)
●139 Autumn・Book(オータムブック)/中土佐町
 手づくりアクセサリー(レザー・ヘンプ・ガラスビーズを使用したデザインアクセサリー/ペンダント・ブレスレット)、布小物、皮小物、自然素材を生かした手づくりの竹箸など
●206 日常屋/黒潮町
 陶器。手づくりクッキー&シフォンケーキ。
●363 和 ~なごみ~ /宿毛市 
 季節のブローチ・ミニてペストリー・ストラップ・手提げ&きんちゃく袋・ポーチ 季節を感じさせる手づくり小物。
●366 たまむし /中土佐町
 布小物:バッグ、ポーチ、巾着、コースター、髪ゴムなど
●367 そら Craft /中土佐町
 キャンドル・革小物・毛糸&布の雑貨、コケ玉 etc…
●370 オルタ wood design /四万十市
 木工品(バターケース・スプーン・指輪・ヘラ・スツール等)
374 ミニミニセメントハウス/高知市
 セメントとバターミルクペイント(環境に優しい塗料)で作った親指ほどの家・車・ピアノなど。
380 sachi & yuni 2/宿毛市
 布小物、シュシュ、カチューシャ、キーホルダー、ネックレス、ブローチ等
 
【イベント】
絵本読み聞かせ 11:00~
 四万十市の大橋先生の楽しい絵本の読み聞かせ。みんな集まれ~!
 
【企画出店】
大方高校2年生/黒潮町
 手づくりの廃油キャンドルを使った、キャンドルの販売と、飾り付けワークショップ(参加無料、20個限定)
 ※地域の課題解決授業の一環で出店。
森自転車 四万十店/四万十市
 ストライダーという2歳~5歳が乗れるペダルのない自転車型遊具の試乗会。
 
 
イメージ 1
11月は、本物のTシャツをひらひらさせますよ♪
 

こんばんは、海辺スタッフのwakaです。
 
11月になりましたね
女心と秋の空、なんていうように、秋の天気は変わりやすくてきまぐれ。
天気予報が外れることも多いのですが、一応、今のところ、来週の日曜日は晴れ
9月以来、2か月ぶりの「海辺の日曜市」が開催できそうです!
 
 
改めまして、今度の日曜日、11月9日は、幡多・マーケット「海辺の日曜市」の開催日です。
2009年11月に始まってから、5周年に当たります。
 
今年は、なんと、「黒潮町まるごと産業祭」と「大方の秋まつり」が、「海辺の日曜市」と同じ日に、同じ会場で行われます。また、公園内の、スケートパークや海のバザールでは、「SMOOTH COBRA」というスケボーのイベントや、森林組合主催の「幡多山もりフェス」もあります。
各会場と駐車場の間をシャトルバスが運行しますので、どのイベントも、まんべんなくまわって楽しめます♪
 
「海辺の日曜市」は、いつもどおり午前9時から、芝生スペースで開催します。
終了時間は、いつもは午後2時までですが、「産業祭」と「秋まつり」が午後3時までなので、「海辺の日曜市」も、一部を除いて午後3時までオープンする予定です。
 
この機会に、黒潮町内外の皆さんに「海辺の日曜市」を知っていただければと思います。
ぜひ、ご家族ご友人と、お誘い合わせてお越しください。
会場周辺は混雑が予想されますので、車の運転などには十分ご注意くださいね!
 
 
イメージ 1
「第52回大方の秋まつり・第2回黒潮町まるごと産業祭」など、
  について詳しくは、黒潮町役場ホームページをご覧ください。
 

↑このページのトップヘ