幡多・マーケット「海辺の日曜市」のブログ

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、2020年3月から開催を中止しています。 再開が決まりましたらお知らせします。

カテゴリ: 海辺の日曜市

11月10日の海辺の日曜市に出店予定の、ガーナ産シアバターのお店をご紹介します。

出店者は、高知大学4回生の後藤さん。
黒潮町には砂浜美術館のボランティアなどで、たびたび来てくれています。

後藤さんは、昨年度1年間ガーナに留学し、現地のNGOでインターンを行ったのだそうです。
そのつながりから、今回、ガーナ産シアバターを販売されます。
11月のみの特別出店。売上金はすべて、ガーナの生産者に寄付されます。

この機会に、シアバターを通じて国際貢献してみませんか?
ガーナの話を聞いてみたい方も、ぜひお立ち寄りください!


◆店名
ガーナからの贈り物

◆出店物
シアバター(ボディクリーム)
西アフリカ・ガーナ産シアバター、100%オーガニック、2019年8月に作られたもの

◆商品に対する思い
インターン先のお母さんたちが、私が村を出るときに7kgのシアバターをくれました。私1人では一生かかっても消費できない量でした。そこで、そのシアバターを売って、売上をすべてお母さんたちに送って恩返しをしようと思ったのが出店のきっかけです。
私がいた地域であるガーナ北部は、ガーナの中でも特に貧困が深刻な地域です。近年は、シアバター産業が興隆してきたこともあり、徐々に女性たちは現金収入を得られるようになってきました。
ガーナのお母さんたちが心をこめて作ったシアバターを届けて、黒潮町の人にも、ガーナのお母さんたちにも笑顔になってもらいたいです。

シアバター2

シアバター1


こんにちは、海辺スタッフのwakaです。
今日は、雪の後の風の強い一日となりました。
テントや商品が飛ばされそうになりながら、寒さに耐えながら、マーケットを開催しました。
(強風のため、早めに店じまいしました。終了間際にご来場のお客様にはご迷惑をおかけしてすみません。)

イメージ 1

Tシャツアート展の作品募集とPRのため、NPO砂浜美術館のご協力を得て、Tシャツを展示しました。
真冬の北風の中、Tシャツがひらひら…ではなく、バタバタ(笑)


先月初出店した「ハッピードワーフ」さんのお店で、カワイイものを発見!

イメージ 2

おすもうさんのクリップです!
ひとつひとつ、手描きですので、表情もいろいろ。まわしの色もいろいろ。
私は、一人だけ眉毛が逆ハの字のおすもうさんのクリップを買いました。(下段左から2番目。)
他のおすもうさんより、強そうに見えたので(笑)
職場のデスクで使うと、癒されそう。


そして、こちらは、本日初出店の「岳庵」さんの流木家具。

イメージ 3

黒潮町の海岸に流れ着いた流木で作ったそう。
観賞用ではなくて、本当に大人が座れます。すわり心地もいい感じ。
作り手さんは、関西から黒潮町へ移住された方です。展示してある書もその方の作品です。


来週14日がバレンタインデイなので、チョコ系のお菓子も充実☆

イメージ 4

私も夫へのプレゼントに、チョコマフィンを購入。自分の分と2個セットです。
冬季限定の、ウインナーコーヒーもおいしかったです。


そんなこんなで、寒いながらも楽しいマーケットでした。

次回は、3月12日(日)の開催です。
みなさまのご来場をお待ちしております。




こんばんは、海辺スタッフの wakaです。

2月なのに、今日はとってもあったかいですね。
雨がけっこう降っていましたが、明日はきっと上がるはず!
もし雨でも、風がひどくなければ開催しますので、ぜひお越しくださいね。

さて、現在、黒潮町のNPO砂浜美術館では、今年5月の「Tシャツアート展」の作品を募集しています(3月4日〆切)。
みなさんが応募した作品(イラスト、書、写真、デザインしたものなど)を、オーガニックコットンTシャツにプリントし、砂浜に杭を立ててロープに通して展示。
開催期間中は、昼も夜も、洗濯物を干したようにTシャツがひらひらする風景が入野の浜に広がります。

→「Tシャツアート展」の詳細は砂浜美術館のホームページをご覧ください。

明日の海辺の日曜市では、NPO砂浜美術館のスタッフが出張してくれて、Tシャツアート展の作品募集を行います。事務局ブースの一角で受付しますので、ぜひお立ち寄りください。

その場でイラストを書いてを応募することもできます。
ご家族で一緒に作品を描いてみるのもステキですね!


イメージ 1
「しんさんのお絵かきワークショップ」で絵を書いて、Tシャツアート展に応募しませんか?

こんばんは。海辺スタッフのwakaです。

今日は、幡多・マーケット「海辺の日曜市」の開催日でした。
天気予報は雨だったので、6月と同様に体育館横のひさしを利用して出店しましたが、降ったりやんだり、風も吹いたりやんだり、終わってみれば大きなトラブルもなく、無事に開催することができました。

四万十市方面から来たお客さんに「中村はすごい雨やったで」って聞くたびに、雨雲がこちらに来るのではとひやひやしましたが、どしゃ降りになることはなかったです。
晴れ男のスタッフや、晴れ女のお客さんのおかげかも??

イメージ 1


新しい出店者さんも3人いらっしゃいました。


イメージ 2

土佐清水市でパン屋さんをされている「愛足るパンのスナフパン」さん。
天然酵母の食パンやピタパン、揚げたてのカレーパンなどがありました。
「自分も食べたい、仲間にも家族にも食べさせたいと思える、安心な食材を使用したパンを作りたい」というスナフパンさん。
黒潮町の「あまみ」の天日塩を使った塩パンや、まんま自然農園のショウガを使ったベーグルなどもあり、黒潮町民としてはとてもうれしかったです。
塩パン食べたけど、天日塩が効いていてとってもおいしかったです!


イメージ 3

続いて、高知市桟橋でボディアートのお店をされている「fuul」さん。
高知家マークのペイントや、メヘンディ(オーガニックのヘナという植物を使用)のボディアートをのお店です。
「ボディペイントやメヘンディは、高知ではまだ認知度が低く、いろいろな人に知ってもらいたい」と、高知市からはるばる来てくださいました。

イメージ 4

イベント出店時は、お店での価格の半額でされているそうで、私も腕にペイントしてもらいました。
花や蝶、太陽などの図案の中から、月を選択。乾いた後、保護シールを貼って、4時間から1日おき、剥がして1・2時間水にぬらさないようにすれば、1週間ほど持つそうです。
フリーハンドで書いてくだざる絵は、細かくてとってもきれいでかっこいいです!

●fuulさんのフェイスブックページはこちら


イメージ 5

こちらは、「ウオッチ」さんのお店にシェアで初出店された「かさね工房」さん。
天然石のブレスレットやペンダントのお店です。


イメージ 6

11時からは、大橋先生の絵本の読み聞かせ。
子どもたちが身を乗り出して聞いています。テーブルに載っている子もいます(笑)


イメージ 7

ランチは、「まぁ坊豆腐店」の豆腐中華をいただきました。豆腐とおからと、野菜が麺にからんで、とってもおいしい!お豆腐や、むぅちゃんのパンもおすすめです。
現在、四万十市内で開店の準備をされているので、海辺の日曜市への出店は来月までになるかも?とのこと。次回の出店については、ブログでご確認くださいね。


イメージ 8

そして、久々に出店していただいた「ウオッチ」さん。入れたてのホットコーヒーも、アイスコーヒーも、焼き菓子も大好きです。今日は2杯いただきました。ごちそうさまでした(*^_^*)


イメージ 9

次回、8月の「海辺の日曜市」は、8月9日(日)午前9時から午後2時まで開催します。
今度は晴れて暑くなるかな?
かき氷のお店の出店も予定していますので、お誘い合わせてお越しください。
お待ちしています!

こんばんは、海辺スタッフのwakaです。

昨日は、幡多・マーケット「海辺の日曜市」の開催日でした。
冬の間はずっと風が強くて泣かされましたが、昨日は、晴れてあたたかく、風もあまりない穏やかなマーケット日和となりました。

イメージ 1


子どもたちもたくさん来てくれました。
事務局横のテントでは、しんさんのTシャツお絵かきワークショップ。
展示するスペースがないくらい、みんながたくさん絵を書いてくれました。

イメージ 2


初出店のお店や、久しぶりのお店もありました。

イメージ 3
手すき和紙のお店・ハレハレ本舗。
茶色のランプシェードは、和紙に柿渋を塗っています。


イメージ 4
2013年の夏以来の出店となった四万十町のパーラー雨さん。
天然酵母パン・米飴のお菓子・藍染め古布手づくりバッグ等の雑貨のお店です。


イメージ 5
黒潮町から初出店の「ねこや」さん。

イメージ 6
手づくりの布雑貨やアクセサリーなどのお店です。
いろんな柄があって、迷ってしまいますね。


私はこの日、別の用事でがあり、後1時になってから「海辺の日曜市」に到着。
同日行われた「黒潮町民駅伝」のランナーなど、多くの方でにぎわったそうでよかったです。

次回の「海辺の日曜市」は、4月12日に開催します。
来月も、おだやかな楽しいマーケットが開催できるといいな


↑このページのトップヘ